洋楽中心な結婚式BGMを紹介するBlog

結婚式・披露宴でツカエル洋楽BGMを紹介するBlog たまに邦楽も紹介しますけど、だいたい洋楽です。なので洋楽中心なんです。

タグ:カバー

Roulette 

イギリス出身の4人組ボーカルグループ。超カッコいいです。 Blueといえば、槙原敬之の「僕が一番欲しかったもの」のカバー「THE GIFT」が結婚式の超定番ソング。 2013年リリースのアルバムにも彼らのおすすめウェディングソングがあります。 「Hurt Lovers - Blue」と「Without You」です。特に「Hurt Lovers」はクセになる曲。 披露宴のケーキ入刀におすすめな曲です。サビ部分をうまく使って演出するとベストです。司会者さんとは綿密な打ち合わせをしておきましょう!両親へ花束贈呈シーンにもおすすめです。続きを読む

ラブ・ソングス2  (通常盤)最近絶好調の歌姫シェネルの日本の名曲英語カバーアルバム「ラブ・ソングス2」。 結婚式・披露宴BGMにおすすめな曲が沢山詰まっています。 スキマスイッチの「奏」は、プロフィールビデオシーンに。SPICY CHOCOLATEの「ずっと」は、しっとりとしたフラワーシャワーシーンに、MISIAの「逢いたくていま」は両親への手紙シーンや花束贈呈シーンなど。 ビブラートが効いたハスキーヴォイスがとってもキュンキュンしますね。続きを読む

ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~(特典なし)

 宇多田ヒカルの「Automatic」のカバー
で話題のスウェーデンロックバンドDirty Loopsですが、入場シーンにおすすめなのがこの曲です。 前奏の爽快感も良いし、スゥーっと歌詞に入るあたりも気持ち良いです。このタイミングでドアオープンするなんてのもオシャレですね。 フラワーシャワーやバルーンリリース・デザートビュッフェなどのBGMにも使えそうです。こういった爽やかなロックアーティストはアメリカではあんまりいないですよね。国柄が出るんでしょうか?10月にリリースしたアルバム「ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~」は、22曲収録されており、どれも選りすぐりの曲ばかりです。ぜひゲットしておきましょーー!今一番大注目に新人ROCKバンドですね。続きを読む

Eastern Sounds

大人ムードな感じを出したいなら、ぜひおすすめです。 ユセフ・ラティーフの「Love Theme From Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)」です。ユセフはテナー・サックス奏者なのですが、Jazz好きな人でないとあまり聞き慣れないかもしれません。なぜなのか国内のアングラなアーティストはこの曲をとってもカバーしています。 この曲は、スタンリー・キューブリック監督の映画「スパルタカス」のために作られた曲だそうです。シンプルな旋律に深い味わいを感じる、ワビ・サビみたいなのを日本人なら感じられる曲ではないかと思ったりします。 結婚式・披露宴の退場曲として、またおしゃれに演出したい方には、アルバムごと披露宴会場の迎賓BGMとして使うと良いでしょう。続きを読む

Guilty (CCCD)

Blueの「The Gift」は、新郎の中座(お色直し退場)シーンにぴったりな1曲! 槙原敬之の「僕が一番欲しかったもの」のカバーです。歌詞の意味は少し違うけど、響きますね〜。 サプライズでお母さんを指名してもらい手を引いてもらってはどうでしょう? 息子と手をつなぐ機会なんてなかなかないのでお母様は嬉しい&恥ずかしい感じが演出できますよ! さわやかにかつ感動的に。中座さえもひとつの演出です! キャンドルリレー演出の最中に使ってもステキ♪続きを読む

↑このページのトップヘ