洋楽中心な結婚式BGMを紹介するBlog

結婚式・披露宴でツカエル洋楽BGMを紹介するBlog たまに邦楽も紹介しますけど、だいたい洋楽です。なので洋楽中心なんです。

タグ:サックス

ベスト・オブ...アーテイスト・セレクションジャズヒップホップ(Jazz Hip Hop)といえば、ファンキー・ディーエル(Funky DL)が定番です。ファンキー・ディーエルはイギリス出身の大人気ヒップホップアーティスト。 ヒップホップというと、ゴリゴリした感じの曲も多いので結婚式BGMとして意外と嫌煙されがちですが、ジャズらしさが入るとオシャレさが一気に増してBGMとしてとってもおすすめです。 歓談用BGMや、テーブルラウンド・デザートビュッフェなどで活躍すると思いますよ。続きを読む

Eastern Sounds

大人ムードな感じを出したいなら、ぜひおすすめです。 ユセフ・ラティーフの「Love Theme From Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)」です。ユセフはテナー・サックス奏者なのですが、Jazz好きな人でないとあまり聞き慣れないかもしれません。なぜなのか国内のアングラなアーティストはこの曲をとってもカバーしています。 この曲は、スタンリー・キューブリック監督の映画「スパルタカス」のために作られた曲だそうです。シンプルな旋律に深い味わいを感じる、ワビ・サビみたいなのを日本人なら感じられる曲ではないかと思ったりします。 結婚式・披露宴の退場曲として、またおしゃれに演出したい方には、アルバムごと披露宴会場の迎賓BGMとして使うと良いでしょう。続きを読む



5人組のJazzインストバンドPE'Z(ペッツ)の「人が夢を見るといふ事」。 サックスフォンの奏でる儚さと切なさがパーティの終わり・送賓を 印象つけてくれる至極の1曲です。 ピアノから始まるメロディ。ジワジワと盛り上がるサックスフォン。 PE'Zの曲の中でもおすすめのラブバラードです。続きを読む

ジャズ・ザ・ベスト・レジェンダリー・ボックスジャズ・サックス奏者としては、巨匠中の巨匠、ソニー・ロリンズの名曲。 サックスの音やピアノのメロディラインに温かみがあり、やさしい気持ちになっちゃいます。 この「St. Thomas(セント・トーマス)」を結婚式・披露宴の歓談BGMに使えば、 料理の味がよりいっそうおいしくなっちゃいそうですね☆ 続きを読む

ベスト・オブ・デイヴ・ブルーベックデイブブルーベックは知らないけど、この曲は知っている。 お酒のCMでも有名だし誰もが、一度は聞いたことがある。 そんなサックスのメロディが印象的なジャズの名曲です。 結婚式・披露宴で乾杯の後、歓談に入る最初の曲におすすめです。 この曲が流れれば、会場のおしゃれ度が一気に増します☆ 続きを読む

↑このページのトップヘ