洋楽中心な結婚式BGMを紹介するBlog

結婚式・披露宴でツカエル洋楽BGMを紹介するBlog たまに邦楽も紹介しますけど、だいたい洋楽です。なので洋楽中心なんです。

タグ:シェネル

ディス・イズ・アイリー・ラヴ
B.Abdulsamad
ビクターエンタテインメント
2012-11-21


ハワイ出身のレゲエシンガーIrie Love(アイリー・ラブ)の2ndアルバム。
13歳よりシンガーとしてキャリアをスタートして、2009年のデビューアルバムから約3年ぶりとなる本作。
気になる曲は、CDにのみ収録されている「風の谷のナウシカ」でしょう!
ジブリのカバーソング集は何作も聴いてきましたが、レゲエバージョンとしてはアイリー・ラブのが秀逸です。
TEE・Chenellの代表曲「BABY I LOVE YOU」も夏らしさを演出する結婚式・披露宴の入場ソングとしておすすめです。
TEEやChenellの「BABY I LOVE YOU」よりも、明るくポップな感じが印象的で、ドアオープン時のBGMスタートタイミングもとってもとりやすいと思います。お色直し入場などで使うのもおすすめですね!!
 続きを読む

ラブ・ソングス2  (通常盤)最近絶好調の歌姫シェネルの日本の名曲英語カバーアルバム「ラブ・ソングス2」。 結婚式・披露宴BGMにおすすめな曲が沢山詰まっています。 スキマスイッチの「奏」は、プロフィールビデオシーンに。SPICY CHOCOLATEの「ずっと」は、しっとりとしたフラワーシャワーシーンに、MISIAの「逢いたくていま」は両親への手紙シーンや花束贈呈シーンなど。 ビブラートが効いたハスキーヴォイスがとってもキュンキュンしますね。続きを読む

TEEの人気曲「ベイビー・アイラブ・ユー」の英語版カバー。シェネルがメローにカバーしています。 CMなどでも流れていてとってもしっとりとした曲に仕上がっています。 結婚式・披露宴の退場(お開き)BGMとして、テーブルラウンド時のBGMとしてとってもオススメです! おしゃれなシェネルのR&Bカバーアルバムは、これから秋にかけて結婚式・披露宴のBGMにぴったり。      
ベイビー・アイラブ・ユー - シェネル Amazon.co.jpで買う→ラブ・ソングス   Luv Songs - Che'Nelle [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=oEuCGaKAu68[/youtube] ベイビー・アイラブ・ユー - シャネル   [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=ld2D0uiB_Zw[/youtube] sakura - シェネル   [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=FClFYYXDoiw[/youtube] Everything - シェネル   [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=gTAK7NO5hV0[/youtube] Sunshine Girl - シェネル   [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Wv_bei4tQOg[/youtube] ガラス越しに消えた夏 - シェネル   [youtube]http://www.youtube.com/watch?v=wH2BF5ie-Bg&NR=1[/youtube] So Sick - シェネル  
ラブ・ソングス ラブ・ソングス シェネル   関連商品 フィール・グッド Che’Nelle スペシャル・エディション ベイビー・アイラブユー シャネル Che’Nelle Amazonで詳しく見る by G-Tools
曲名リスト 1. ベイビー・アイラブユー 2. Sunshine Girl 3. For You 4. ソー・シック 5. SAKURA 6. Everything 7. ガラス越しに消えた夏 8. Missing 9. すべてをあなたに (Saving All My Love For You) 10. ラヴィン・ユー 11. ウィズアウト・ユー ~さよなら夏の日 12. 上を向いて歩こう 13. Missing (Japanese Ver.) (Bonus Track)

ゼクシィ プレゼンツ ザ・ウェディング・ソング スウィート ゼクシィ・ヴァージョンまさしく結婚式・披露宴おすすめBGMスーパーコンピレーションアルバム。 雑誌『ゼクシィ』とのタイアップによる、ウエディングBGMの決定盤。 ブルー、アトミック・キトゥン、ステイシー・オリコらの楽曲を収録した、感動のウエ ディングを盛り上げるオムニバス・アルバム。 もうこれ1枚あれば、スイートな結婚式を挙げられますね☆ 続きを読む

↑このページのトップヘ