洋楽中心な結婚式BGMを紹介するBlog

結婚式・披露宴でツカエル洋楽BGMを紹介するBlog たまに邦楽も紹介しますけど、だいたい洋楽です。なので洋楽中心なんです。

タグ:ラブリー

Love Bossa Weddingたぶん明るく楽しくハッピーな結婚式をみなさん望んでいると思いますが、だからと言ってパーティーノリの弾けすぎる曲はちょっと・・・って感じている方もやっぱりいますよね? そんな方にうってつけのアルバムがコチラ!「Love Bossa Wedding(ラブ・ボッサ・ウェディング)」。その名の通りラブリーなボサノバが堪能できる1枚です。 結婚式・披露宴の歓談中に、やさしくて、あえて控えめにBGMを流せば、花嫁さんの印象もグッと可愛らしくなります! m(_ _)mすいません。 YouTubeや動画でのフル試聴が見当たらないので、Amazonで試聴してみてください! 名曲カバーなので、とっても聴きやすいですよ☆ Amazon.jpで試聴する→Love Bossa Wedding 歓談用/迎賓用/送賓用のBGMとしてもおすすめでーす! 選曲リスト
  • 1. Lovin You
  • 2. Everything Gonna Be Alright
  • 3. Can’t Take My Eyes Off You
  • 4. Eternal Flame
  • 5. Real Love
  • 6. That’s the Way Love Goes
  • 7. Baby Baby Baby
  • 8. You Gotta Be
  • 9. La La (Means I Love You)
  • 10. My Heart Will Go On
  • 11. Don’t Know Why
  • 12. Gymnopedies
  • 13. You’re The Sunshine Of My Life
  • 14. I`ll Be There
  • 15. All You Need Is Love
  • 16. Canon
  • 17. Bridal Chorus

q-indivi 結婚式のBGMとして定番化しつつあるQ;indivi、及川リンさんのキュートな歌声が披露宴で流れてくるだけでとっても幸せな気分になれます。そんなQ;indiviで使えるBGMをまとめてご紹介。
出展:Wikipedia Q;indivi Q;indivi(キューインディビ/キューインディヴィ)はプロデューサー田中ユウスケが主宰する日本のクリエイター集団。国内外問わず多数のTVCM、映像の音楽を手掛ける。 固定のメンバーを持たず、透明感かつ先進感のあるハイブリッドサウンドが特徴であり、映像を喚起させる作品を発表している。 スピンオフとして、クラシック楽曲とRin Oikawaの声に特化したQ;indivi Starring Rin Oikawa名義の『Celebration』 シリーズ、 男性ボーカリストとコラボレーションしたQ;indivi+名義での『acacia;』など実験的かつ意欲的な作品を次々に発表している。 その多くの作品は、iTunes Storeでは総合アルバムチャート1位、『Celebration』 シリーズでダンスチャートで1位2位を獲得する。 ダンスミュージックアルバムおよびソングチャートでは1位を含む上位を複数獲得している。
  続きを読む

LINK2011年もまだまだ外せない!2010年披露宴で最も使われたウェディングソングでしょう。 結婚行進曲やノクターンなどの定番クラシックソングは勿論、最近のウェディングソングもしっかりカバー。 キラキラと輝くキュートでカワイイお嫁さんにハマるウェディングソング満載。 とにかく結婚式・披露宴の様々なシーンに抜群に使える曲・BGM集です。 今までにもましてグレードアップしたRinOikawaさんの歌声が披露宴会場をキュートにしてくれますね。 絶対絶対買って損はないアルバムです!!

続きを読む

Disneymania みんな大好きディズニーミュージック。 ディズニーマニアに収録されています☆ とってもラブリーなヒラリー・ダフの「The Tiki Tiki room」。 デザートビュッフェのオープニングBGMだったり、 ビールサーバーを担いでテーブルラウンドしたり 楽しく賑やかな演出にとっても使いやすいBGM。 続きを読む

フリー・ソウル ジャクソン5のとーってもラブリーな曲。幼少期のマイケル・ジャクソンのハスキーボイスにアフロヘアがとってもカワイイ! 結婚式、披露宴BGMでも、ケーキ入刀や、そのあとのファーストバイトにぴったりです☆ 新婦が新郎にケーキをあげてる時に、この曲がかかれば、あまーい二人にゲストもニヤニヤしちゃいますね。 乾杯後の歓談なんかに使ってもいいかもしれません。ソウルフルな1曲がとってもおしゃれでおすすめです。 続きを読む

↑このページのトップヘ