洋楽中心な結婚式BGMを紹介するBlog

結婚式・披露宴でツカエル洋楽BGMを紹介するBlog たまに邦楽も紹介しますけど、だいたい洋楽です。なので洋楽中心なんです。

タグ:名曲

ラブ・ソングス2  (通常盤)最近絶好調の歌姫シェネルの日本の名曲英語カバーアルバム「ラブ・ソングス2」。 結婚式・披露宴BGMにおすすめな曲が沢山詰まっています。 スキマスイッチの「奏」は、プロフィールビデオシーンに。SPICY CHOCOLATEの「ずっと」は、しっとりとしたフラワーシャワーシーンに、MISIAの「逢いたくていま」は両親への手紙シーンや花束贈呈シーンなど。 ビブラートが効いたハスキーヴォイスがとってもキュンキュンしますね。続きを読む

Best of

言わずと知れた、イギリスロックバンド、Radiohead(レディオヘッド)の稀代まれなる名曲です。この曲に影響を受けたアーティストも世界中にわんさかいます。 結婚式・披露宴の退場BGMとして静かにかけると良いでしょう。あまり派手すぎず、厳かな雰囲気すら出せると思います。続きを読む



Christina Aguilera(クリスチャン・アギレラ)の「Come on over」です。 結婚式・披露宴の特にバルーンリリースをやる時に使える大推薦曲! また、ケーキ入刀でも良い感じに盛り上がります。 ゴスペル風の曲調で風船をリリースした瞬間にこの曲が始まるというタイミングが絶妙に良いでしょう。 明るく元気にパーティーが始まる雰囲気にさせてくれます。 クリスチャン・アギレラの代表曲ではないのですが、隠れた名曲として超おすすめ☆続きを読む

生きてこそ - kiroro

結婚式プロフィールビデオ(生い立ちビデオ)の大名曲です!! 自分の生まれた時からの写真が出てくることを想像してみながら一度聞いてみてください。 歌詞でだしの「ママ~」と「パパ~」の部分ではぜひそれぞれ母と一緒の写真、父と一緒の写真を使い場面転換を。。。 ゲストの心をつかみ、号泣させてしまうかも。 「生きてこそ~」というサビ部分もすべてが、生い立ちアルバムに雰囲気がぴたりとあてはまることと思います。是非ご試聴ください。続きを読む

Can't help falling in Love(好きにならずにいられない)「Can't help falling in Love」(好きにならずにいられない)という名曲を比較してみました。 この曲、もはや結婚式・BGMの王道中の王道ですよね? とってもたくさんのアーティストがカバーしています。 結婚式で一番利用率の高いアーティストはUB40の「Can't help falling in Love」だと思います(違ったらすいません・・・)。 もともとはエルヴィス・プレスリーが1961年に発表した曲です。使用シーン別で考えると、アーティストにより使えるシーンが変わってくるので、 もし使用する場合は、試聴しながらイメージしてみてはいかがでしょうか?
続きを読む

↑このページのトップヘ